裸のバニー(8) 恥辱の男根挿入

 正体なく私の体の上に、うつぶせに身を横たえた綾乃。その体の重みを心地よく受け止めてから、私はその下からゆっくりと這い出した。腹ばいの彼女は、荒い息をして、意識を失っているようにも見える。私は伸ばした脚を広げさせ、尻たぼ [...]

QLOOKアクセス解析